じぇらぁのblog

じぇらぁのblog 】

基本的にふざけた記事を書いてます。気分を盛り上げたいときにどーぞ!

今週のお題に乗ってみる

 

 

 

 

 

 

今週のお題「感謝したいこと」

 

 

 

 

 

…感謝したいこと。

 

それは、今がある事。

 

空がある事。

 

土がある事。

 

友達がいる事。

 

後輩がいる事。

 

先輩がいる事。

 

雪が降ること。

 

風がある事。

 

 

……この世の全てに感謝したいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどもだっけど?♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの関係ねぇ!!

 

 

 

そんなの関係ねぇ!!

 

 

 

そんなの関係ねぇ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jeraa:20201129211753p:image

ユンケル黄帝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……お題に乗るって難しいですね。

僕にはまだ早かったようです。

明日からまた平日ですがみなさん頑張っていきましょう👍

 

 

 

さようなら!

テンションジェットコースター(急に上がって下がる的な)

 

 

いやー!!

季節の変わり目って気温が変で季節が変わってる感じしますね!

 

 

 

 

ん?あぁ申し遅れました。

 

 

わたくし、こういうものでございます。

 

((スッ  (名刺をだす。

 

 

 

((スッ スッス  (綺麗に真っ二つに切る

 

 

 

((ッスッ   (速やかに口の中に入れる

 

 

 

((スッスッスッスッスッスッスッスッ  (口の中で正六角形に刻む

 

 

 

 

ドンッ!((壁を殴る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…………モガケフ」(じぇらです)

 

 

 

 

 

 

…はい!じぇらなんですけど!!

 

 

 

今なんかテンションが深夜より多分高いです!

4時間睡眠だと気分的にはいつも深夜感ありますけどね!!

 

 

 

 

きっと誤字も多いんでしょほう!!!

 

 

 

 

 

 

ね!!!

 

 

書くことは決めていないんですけども!

 

流れとノリとテンションとで書いてます!!

私と小鳥と鈴とみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは違う。

 

 

 

 

 

 

じゃあ皆さんに質問です!!!

 

 

 

そこらへんに死ぬほどハトがいるとします!!

 

 

そのハトは売ると5億円です!!

 

 

空にはジェット機が飛んでいます!!!

 

 

平和ですね!!!!

 

 

 

 

 

 

はい次!!!!

 

 

 

 

次の問題は〜〜

 

ひっかけ問題ですよん??!!

 

 

 

気を引き締めていきましょうか???

 

 

 

 

 

 

 

[もぐらが体育の授業で失敗し、チームが負けてしまいました。その時のもぐら君が言った、失敗を生かしたモグラギャグを言いました!!さて、なんて言ったでしょう!!]

 

 

 

 

 

 

 

チクタクチクタク………

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒント:もぐらの得意な事とは……??

 

 

 

 

 

 

 

 

チクタク……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい終了!!!

回収用!!!!

脱臭よ!!!

低給与!!!!

 

 

 

 

…はい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはですね〜〜〜、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラ「いや〜〜、ごめんごめん、失敗しちゃったよ……」

 

 

モグラ「もーほんとに…………」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モグラ「土に還りたいね!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!!

 

正解は土に還りたいでしたね。

 

 

その一言で周りの動物仲間たちは大爆笑!

 

モグラ君は一躍人気者になりました!

 

 

 

ちなみにモグラはその後ライオンに食われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーーーー!っと

 

 

 

 

 

 

何を書こう…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん…………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュンチュンチュン…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝が来ました。(まじで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……はい。

 

日付が変わったので挨拶をします。

こんにちは。

 

じぇらです。

 

 

 

 

 

 

昨日の俺はなんという文章を書いているんだ。

 

そんな後悔に包まれながらの昼下がりです。

 

 

 

皆さんもテンションアゲアゲの時は文章を書くのは控えましょうね。特にメールとか。

 

 

 

 

 

 

そして今、どうやってこの文章を完結しようと色々考えてます。

 

 

 

 

 

 

 

うわぉ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てか、いやー〜、4時間睡眠とかならないことすると次の日まで影響しますね。

めっちゃ気分が悪いです。

 

 

 

 

 

 

あーーー隠居してえ。

 

 

 

山奥か海沿いで特産品食ってウクレレ弾いて歌を歌いてぇ。

 

 

 

 

…ええ、

 

 

もうお分かりの通り、テンション下げ下げのフリーフォールです。

 

 

 

 

昨日と今日でこんな落差あります?

 

 

 

もう今のテンションなんて昨日の残りカス。

昨日の1秒のテンションを1時間に伸ばして生きてる感じです。

 

つまり今日はきのうの3600倍生きれます。

 

やったね!!!

 

 

 

 

いうてますけども、

 

 

 

 

[話を戻しますと)

さて、この文章をどうやって終わらせよう………

 

 

 

 

 

 

 

きのうの俺はオチを考えず書きやがったもので。

 

 

ね。

 

 

 

ええ、すみませんね、ふしだらで…(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

んー、どうしよう(割とガチで悩んでる

 

 

 

 

 

 

みんながびっくりするような終わり方が良いなぁ……

 

 

 

 

なんかギャグとかやっても良いし……

 

いや、浅はかすぎるかソレは。

 

 

 

 

そんなテンションでもないし………

 

 

 

 

 

 

 

んーーー………

 

 

 

 

 

 

なんとかびっくりさせればなんかオチがつくから……

 

 

 

 

んーーー……

 

 

 

 

 

 

 

丸坊主にでするか…?

 

 

 

 

 

 

いや、いつかは禿げる遺伝子だ。大切に髪を使おう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んーーー……

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくりかぁ……………

 

 

 

 

 

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜………

 

 

 

 

 

 

 

あ……………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わります。(自分でもびっくり)

 

前置き9.9割 本題0.1割のブログ。

 

 

 

 

[今日のブログは前置きがほぼ100%です。]

 

[ジェットコースターで言うなら500メートルぐらい上がって二センチ下がるぐらいの話です。」

 

 

[不完全燃焼感に気をつけてください]

 

 

 

 

 

 

どーも!じぇらです!!

 

 

 

 

いやぁ、最近しみじみと秋だと思うことが多くなってきましたね!

 

せっかく日本は四季もあるんだから満喫しないとね!

 

 

 

 

 

栗、紅葉、良い感じの気温、風、さつまいも、落ち葉、秋刀魚、柿、、色々ありますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、紅葉は読み方[もみじ]ですよ。

 

 

 

 

 

 

紅葉[くれは]ではありませんからね、

f:id:jeraa:20201122161406j:image

刃牙の「紐切り」こと、鎬 紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜〜、    ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋なんてあっという間なのに忙しい!!!!

 

 

 

 

馬鹿野郎が!!!って感じですよね。

いっちばん短い季節なんだから楽しまないといけないのに結構忙しくなりがちなんですよね。秋って。

 

 

例外なく、僕も忙しいです。

 

 

 

 

テストが近くて勉強追い込まれてます。

 

 

 

 

 

 

でもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでいいのか。と。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は幸せを追い求める生物だ。

 

 

だから今、将来の幸せのために勉強している。

 

 

 

 

 

うん。

 

 

間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………いや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生がいっちゃんパリピなのに勉強に追い込まれてても幸せか〜〜!???!?!??!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、やりたいこととか成し遂げたいことがあってそのために今頑張る!って人や勉強好きって人は全然良いと思いますよ。すごいと思うし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもやらされてる感でやっててもしゃーーーーない!!!!!!じゃん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でしょ?!!(強要

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵、普通の人が割と多めに勉強したって年取って酒飲んでイカくって豆腐を美味しい美味しいって言うぐらいにしかならないんだから!!!!(ド偏見)

 

 

 

 

 

今、出会いが多くて友達とも会える高校生の今をもっと遊ばせてよ!!!

 

 

 

 

 

って感じのを最近死ぬほど考えてます。

 

 

 

 

 

 

 

部活も最近楽しくないしなぁぁぁ。

 

地味に多くなってるし。

 

なんか俺ばっか仕事増えるしなぁぁ。

 

部員のフォローとかだいたい俺がこなしてるからなぁ。

 

先生怖いしなぁ。

 

やめたくてもやめたら後輩とかみんな死ぬからなぁぁ。

 

 

 

 

 

勉強も難しくなってるし。

 

 

 

 

あーーーーーーーーだる。

 

 

 

 

 

 

 

 

……だから三連休の真ん中ぐらい少しは楽しむか!!って気持ちでね。今日を過ごしたわけですけど。

 

 

 

 

……うん。

 

 

 

コロナで都会に外出すんのは怖いし。

 

 

 

 

友達と遊ぶのもめちゃ時間食うし。

 

 

 

 

 

 

だからもう今日は少〜しだけだらけるか!

 

 

 

 

 

 

 

よし!!

 

 

 

何がテスト2日前だ馬鹿野郎!!!

 

 

 

秋のプチ幸せぐらい味あわせろ!!!!

 

 

 

 

 

 

秋 is マイハッピー!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…って事でね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散歩しました。

 

楽しかったです。

忙しすぎてまじで死にそうです

 

どうも!

週に二回は更新するとか言っておきながらできなかった腐れハゲのじぇらです!

 

 

テスト勉強キツすぎて全然文章書けません…

 

なんか学校で勉強していくんですけど、かえって飯食ったら10時には寝ちゃうんですよ。

 

まじで手がつけれない……

 

 

こんなじぇらを許してください((((

 

少ないと思いますが、まじでコレ見てくださってる人に少しでも面白いこと言いたいし、楽しませようとしたいですが、、

 

あと少しだけ甘やかしてください……!!

 

 

絶対テスト終わったら全力で書くんで!!

 

 

 

 

 

f:id:jeraa:20201121220651j:image

 

 

 

 

俺が作ったこのゴブリンの残飯のようなご飯のことも書きたいですし、自転車の荷台ぶっ壊してカゴに装飾した話とかもしたいですし……

 

 

 

 

色々ネタは溜まってるんで^ ^

 

 

是非見てください!!!

 

 

 

それまではテスト頑張ります!!

 

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

すさまじきもの。

 

昼吠ゆる犬。

 

春の網代

 

三、四月の紅梅の衣。

 

牛死にたる牛飼い。

 

乳児亡くなりたる産屋。

 

火おこさぬ炭櫃、地火炉。

 

海苔なしのお握り。

 

水着無しの夏。

 

声無しのクリスハート。

 

眉なしのロック・リー

 

紫陽花無き梅雨。

 

夢無しの睡眠。

 

鏡無しの美容室。

 

ペコ無しのりゅうちぇる

 

シルク無しのフィッシャーズ。

 

猫無しの猫カフェ

 

犬無しのホットドック

 

目玉焼きにソース。

 

着物にショート。

 

北斗に晶。

 

鬼無しの地獄。

 

琵琶湖無しの滋賀。

 

粗品にショルダータックル。

 

ガチホモに化粧。

 

麦わら無しのワンピース。

 

百合の間に男。

 

ケツの間に薔薇。

 

いつのまにか骨折。

 

ジジイにタピオカ。

 

森にホワイトハウス

 

耳無しほういち。

 

映画にエロシーン。

 

いや、エロシーンは逆にアリ。

 

北海道にゴキブリ。

 

妖怪ウォッチにロレックス。

 

不細工に美人。

 

不細工に可愛い人。

 

まじで。

 

魚にラー油。

 

もやしに生クリーム。

 

地面に地雷。

 

少年に銃器。

 

世界に戦争。

 

法律に抜け目。

 

良心に躊躇。

 

感謝無しの人間。

 

そして。

 

 

 

 

君の瞳に涙。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

枕草子より)

高校と中学の狭間のはなし

こんにちは。じぇらです。

 

ええ、はい。

 

じぇらですとも。

 

今日は真面目なお話です。

 

 

なので今のうちにいっぱいふざけておきます。

 

 

 

 

 

 

 

うみょーーーーん!!!

みーんみんみんみんみん、マンマミーヤバンガロールバーミヤリング13世!!!!&豆もやし!!!

 

 

 

狂いババァのナメタケ十二指腸(水割り)

サイバーシティのアリジゴク〜〜〜…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

今日は高校と中学の違い(生徒的な目でみてどんな違いがあるのか)を、大人になって忘れないうちに残していこう!とおもってですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

本題

 

 

 

早速ですね

これは僕の感覚なのですが、

 

 

小学校と中学って割とおんなじ感じだけど高校と中学ってめっきり違うなぁって、思いました。

 

 

 

(まぁ義務教育とそうで無いとの差ではあると思いますが…)

 

急になんで?って思うと思いますが、この前後輩の子と話してて、

 

 

 

 

俺「俺ちっちゃい子の面倒見るの下手だわ…」

 

 

後輩「そうですかね、、全然上手いと思いますよ」

 

 

 

 

俺「いや〜、そう言ってくれるのは嬉しいけど俺理屈っぽいからやっぱある程度大きい子じゃ無いと時々『ほぇ?』って顔されるんだよな…」

 

 

 

 

後輩「あ〜、確かにそうかもしんないす、、」

 

 

 

俺「俺絶対幼稚園の先生とか無理だなぁ〜〜。逆に高校の先生とかの方が務まるかも」

 

 

 

後輩「いや〜〜、そっすかね、でも先輩はそこまで冷酷になれないと思いますよ」

 

 

 

俺「冷酷?」

 

 

 

 

後輩「え、高校の先生って冷酷じゃ無いですか。なんかサバサバしてるっていうか。」

 

 

 

 

俺「あ〜〜〜〜。」

 

 

 

 

 

とね。

 

僕も昔 っていうか高校入ったばっかりのころって高校の先生ってなんかサバサバしてるなぁって思ったんですよ。それでもなんか慣れてったんですけど

 

中学上がったばかりの後輩からしたらやはりそれは僕と同じで冷たく感じたんでしょうね。

 

 

 

 

で、何が違うかって考えたところやっぱり中学と高校の先生ってスタンスが違うと思うんですよ。

 

中学の先生は「生徒の面倒を見る」スタンスで

 

高校の先生は「生徒を成長させる」スタンス

 

って感じですね。

 

 

例を挙げると、中学の先生は子供たちに問題を投げかけたり仕切って貰おうとするけど最終的には先生がまとめる。しかし高校だと生徒に任せっきり、というか生徒に頼って最後までやってもらう。

 

こんな感じだと思います。

 

 

あと、新任の先生だと学生と割と年齢も近いので「ちょい年下」って感じで接する人もいますし、「高校生ならこんなもんか」と思って一般人とそう変わらない態度で接する人もいますので、それも理由の1つだと思います。

 

 

だから今の高校一年生、中学生達には高校では子守ではなく、対等に扱ってもらえるから厳しく思う反面成長できるよ、と伝えたいですね。

 

 

そんな感じです。

 

 

 

はい。

 

 

今日は真面目でした。

 

 

 

 

あと、

 

最近テストが近づいてきて更新ができてません……

 

週に2回ぐらいしか出来ないかも知れません…

ごめんなさい🙏

 

でも少しずつ書いてるので是非また見に来てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に今日のエピソード。

 

今日、学校の先生(若い女の先生)にうっかり足踏まれて謝られたとき、テンパって「ありがとうございます」といってしまいました。

 

 

死にたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも生きます。

 

 

ここまで見てくれてありがとうございました😊

まだまだ生きてるのでよろしくお願いします!!

 

 

レッスン来れない?(本当にあったら怖い話)

 

 

 

 

 

 

  

f:id:jeraa:20201106183549j:image

 

 

 

 

 

「レッスン来れない?」

 

 

 

 

 

これはまだ僕が25歳で大学を卒業したてのころ。

 

 

僕は警察官になる道と、デザイン系の職につくかどうかを迷っている時のころだ。

 

 

 

僕はある休日、警察官である叔父に連れられ、地方の割と大きめの警察署に連れられた。

 

 

 

叔父「ここが俺が働いている、警察署だ。なかなかいいところだろう」

 

僕ははい、と答えてあたりを見渡す。

 

外見は少し古びてるが、中は中々良い装飾が成されている。

 

少しばかり署の中を見学した後、

 

叔父からこの署にまつわる話をきいた。

 

 

この警察署のすぐ横に訓練用の剣道場がある。そしてその剣道場には昔そこで焼け死んだ亡霊がうろついている、という話だ。

 

 

 

 

突拍子も無い話だとは思うが、実はその剣道場は新築で、一昨年何者かに放火されたという事件が起こっていた。

 

そしてその中にいた一人の将来有望な警察官が焼け死んでしまったらしい。

 

そこでの無念や苦しみが残り、

 

そこから 新築の剣道場から度々呻き声が聞こえたり、時々壁に手形が付いている、というのだ。

 

 

叔父が語るには、その若者の警察官はとても勉強熱心で訓練にもすごく励んでいたらしいのだ。

 

 

彼の口癖は「今日、レッスン来れない?」で、訓練の予定がない日でもそう言って後輩や先輩関係なく誘い、体を鍛えていたという。

 

 

 

自分はそんな話もあるのか、と冥福を祈りつつ自分には関係のない話だと心の端によせて後の時間は署の見学に徹した。

 

見学を終え、叔父と別れたあと、家の玄関のドアを開けた瞬間に僕はハッと気づいた。

 

 

 

しまった。財布を署に忘れてしまった。

 

 

ジュースを買う時、事務所の机の上に置きっぱ無しにしてしまったのだった。

 

もう暗くなってきたってのに。

はぁ。

取りに行くしか無い。

 

 

急いで向かった。

 

 

 

なぜなら財布に全財産が入っているからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

ついた。

 

 

 

しかしどうしたものか、署に急に来て事務所に入らせてください、なんて言って果たしてハイそうですかと入らせてくれるものか。

 

いや、まぁ流石に忘れものしたので…とか言えば取り合ってはもらえるか。

 

 

しかし警察署に入ろうとするなんてなんか緊張するなぁ…

 

そう思った時だった。

 

 

 

 

 

 

 

「何者だ!!」

 

 

 

 

急な大声に、俺はビビった。

 

 

昔、、、

10年ほど昔、俺はやんちゃなガキで、よく警察に追いかけられていた。

 

その時の名残で思わず体が反応して逃げてしまった。

 

 

 

少し走ってから、ちょうど見かけた扉の空いている物置部屋に入った。

 

 

扉を閉める。

 

 

はぁ、はぁ、、、

 

ドクンドクンと、心臓が脈打つ音が聞こえる。

 

そうだ、俺は何も悪いことはしていない。

財布を取りに来ただけだ。

 

 

さっさと謝って財布を取りに行こう。

 

 

そう思って扉を開けようとした時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開かない。

 

 

 

さっきは簡単にしまった扉だが、開けるとなると凄い力が要るようだ。

 

 

引いても押してもビクともしない。

 

 

 

 

叩いても無駄だ。

 

 

どうしようか。

まぁスマホもあるし最悪どうにかできるだろう。

 

 

 

 

しかし中は暗い暗い。

 

幽霊とか信じない俺でも流石に怖い。

 

 

 

 

まずは明かりをつけようと、スマホのライトボタンを押す。

 

 

 

 

 

ピカーーーー。

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間。

 

 

 

 

 

 

 

俺は目を見開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは物置部屋なんかじゃ無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココは。

 

 

 

 

 

 

 

ココは「あの」剣道場だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はライトで開かれた視界の情報から剣道場だと瞬時に判断した。

 

 

 

 

そして恐怖と焦りで頭が真っ白になる。

 

 

ヤバイ。こんなところにいてたまるかと。

 

 

 

俺はとっさに叫んだ。

 

 

 

 

 

「おーい!誰かいませんか!!」

 

「おーーーーい!!!」

 

 

 

 

扉を叩いて叫ぶ。

 

誰かが見つけてくれるかもしれない。

 

全く、叔父の話なんて聞かなければよかった。それであればこんなに怖がることはなかったのに。

 

 

 

 

一通り叫んだ後、どうやらこっちに向かって走ってくる足音がする。

 

 

よし、たすかる。

 

 

 

良かった。誰かが俺に気づいてくれた。

これで解放される。

 

 

 

 

迷信なんてこんなもんよ。そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

足音が近づく。

 

ザッザッザッザ。

 

「ここです!開けてください!」

 

そう言いかけた時だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この音、外からの音じゃない………?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真後ろで足音が止まる音がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

真後ろで人の気配がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る振り返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには全身真っ赤の男が立っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間、

「うぁぁあ!!!!開けてください!誰か!!!誰か助けて!!!!殺される!!!!」

 

とにかく大声で叫んだ。

 

 

 

 

気づいたら叫んでいた

 

 

扉をどんどん叩く。

 

誰も来てくれない。

 

 

そもそもなんなんだアイツは。

やっぱり昔焼け死んだ警察官の亡霊なのか?!

 

 

 

 

もう一度振り返ってみる。

 

 

 

あれ………

 

 

 

もう姿は見えない。

 

 

 

 

 

なんだったんだアレは。

 

気のせいか?

いや、そんなことないはっきりこの目で見たはずだ。あのガタイのいい真っ赤な男の姿を。

 

 

 

 

 

ギシッ‥

 

 

 

 

 

上から音がする。

 

 

反射的に上を見る。

するとそこには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ赤の男の首が天井から突き出してこちらを見ている。

 

 

 

「ひいいいいい!!!!」

 

 

 

 

 

 

思わず体が縮こまる。

腰が抜けてうまく立てない。

 

ヤバイヤバイヤバイヤバイ。

 

 

完全に目があった。

 

 

しかもさっきの男とは違い、割と細めの人だった。

二人もいるのか??!いや、死んだのは一人のはずだ。なのになぜ??

 

分からないことが多すぎる。おかしくなりそうだ。

 

 

 

 

そして微かに声が聞こえる。

 

 

 

 

 

「………レナイ……?」

 

 

 

 

 

「………スン……レナイ……?」

 

 

 

 

え………

 

 

 

 

 

最初の、ガタイの良い男も眼前に現れた。

 

 

 

 

 

 

そして目が合う。

 

 

 

俺は男と目があったまま、金縛りのように動けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそのまま真っ赤な男達は口を、その歪んだ口をさらにいびつにニヤリとさせながらハッキリとこう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jeraa:20201106183058j:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後彼の姿を見た者はいなかった……。